×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

COLUMN

空色の夢、あの頃は君が全てだった。
ありがとう、と。
彼らの道しるべ
 
繋がりは縋るように、未だに連なっている。
雲を翻して見えた空は、追憶の中に消えていった。
一瞬悲しそうに目を伏せ、花びらは吐息に溶ける。
 
初めて考えたよ、君のこと。
 
行列は私の嫌いな黒い色、だから反発するように私は歌を紡いでいた。
最近少し覚えたんだ、あの花の名前と花言葉。
空気は冷たく太陽は熱く、それはあの日と似ても似つかない。
崩れ落ちた理想は、海に向けて捨ててしまった。
 
忘れたくなるくらい、記憶を握り締めては泣いて、ぼんやりと笑った。
朽ちて痛む昨日を叫びにして、夜を過ごした。
今は何も創り出せない手で、握り締めて、ぐちゃぐちゃに潰した。
 
あの頃みたいに、また笑っていけたら。
いつか戻れたらって、
 
そう思ったのは、何度目だろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あとがき
――――――――
忘れたくても、忘れられない。
いや、それはきっと忘れてはならないんだ。
 
この言葉は、かつての友へ。
更新日時:
2006.01.18 Wed.
prev. index next

HOME


Last updated: 2006/11/19