×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

COLUMN

空色の夢、あの頃は君が全てだった。
ありがとう、と。
HELP ME
 
こんなの私が居るべき場所じゃないと、この世界を吐き捨ててみる。
世界が自分の身体に近づかないように、必死になって逃げてみる。
 
そうしてるうちに気が付く。
 
私は何をやっているんだろう、と。
この世界に拒否反応を示しても、別離する事はないという事に。
 
そうしてるうちに気が付く。
 
私は自分を特別にしたいだけだ。
自分というものを偶像化して、皆に知らしめたいだけだという事に。
 
そうしてるうちに気が付く。
 
誰かに助けてほしい。
 
それだけだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あとがき
――――――――
今自分が生きる場所から離れる事はできない。
できるとしたら、それを受け入れ、戦う事だけだ。
 
この詩は、もういない兄へ。
更新日時:
2006.05.03 Wed.
prev. index next

HOME


Last updated: 2006/11/19