×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

COLUMN

空色の夢、あの頃は君が全てだった。
ありがとう、と。
空と木々
 
明日が欲しいなんて、うそ。
本当は明日なんて来なければ良いって思ってる。
 
僕らは。
 
 
 
この何処までも澄み渡る空と、青々と茂る木々。
何もかもが美しく感じられる場所。
それらが、今の僕らを生かしてくれるもの。
 
愛される為に在るもの、愛する為に在るもの。
全てが、在るべき為に在る。
 
小鳥は囀り、風は轟き、葉は流れ、地は生きる。
 
大空の真下で僕らは何をした?
汗まみれになった鬼ごっこや、終わらないかくれんぼ。
夕暮れが包んだ、あの秘密基地。
お決まりのメンバーで、たまには違う仲間で。
 
僕らは生きた。
 
あの頃に戻りたいと思ってる。
でも、過ぎた時間は戻る事を知らず。
夢は、終わる。
 
 
 
 
 
あの場所だけは変わらない。
蒼い空、白い雲、輝く葉に、力強い木々。
仲間は、数人だけ、欠けたまま。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あとがき
―――――――
私の故郷は、普通の田舎。
だけど、そこでは掛け替えのない想い出があった。
 
この詩は、仲間である君たちに捧ぐ。
更新日時:
2006.02.22 Wed.
prev. index next

HOME


Last updated: 2006/11/19